公正証書遺言がある場合の相続登記

公正証書遺言がある場合、相続登記手続きは

かなり楽になる。


まず、必要書類

受遺者が相続人の場合

1.亡くなられた方の死亡の記載のある戸籍謄本
2.亡くなられた方の住民票の除票
3.受遺者の現在戸籍謄本
4.受遺者の住民票
5.不動産の固定資産評価証明書

のみである。



亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍を集めないで

済むので時間もお金も節約になる。



そして何よりも、ほかの相続人の同意を得なくても、受遺者

のみで相続登記できるので、本当に楽である。



公正証書遺言は相続人にとってもメリットが大きい。







相続登記、不動産(土地、家、住宅、建物)の名義変更のスペシャリスト!
司法書士 長谷川純平 事務所(神奈川県藤沢市、横浜市)
詳細は相続登記相談室/不動産や土地の名義変更 をご覧ください。



親の借金・財産・遺産を相続したくない方必見。
詳細は相続放棄手続相談室|親の借金・遺産・財産放棄 をご覧ください。



愛する人を守り、幸せにする遺言の書き方とは・・・ずばりお教えします。
公正証書遺言作成のことならおまかせください。無料相談受付中!
詳細は公正証書遺言手続代行/遺言書の書き方 をご覧ください。
[PR]

by hase-juns | 2009-09-04 18:30 | 仕事  

<< 四川料理 地震速報 >>