登記供託オンライン申請

今日から法務省のオンライン申請システムが新しい

申請方式になりました。



早速午前中、贈与による所有権移転登記申請を1件

新オンライン申請システムで出してみると・・・



とても使いやすい!というのが感想です。

特に以下の改善点が素晴らしいです。


1.同時にあるいは連件でいくつもの申請書を提出する際、
  電子署名が1回で済む。
  
  →これは時間の大幅な短縮です。

2.申請書作成後に、申請用総合ソフトからそのまま申請できる。

  →以前は、申請書作成支援ソフトで作成した申請書データを
   一度パソコンに保存し、法務省オンライン申請のページを
   インターネットで立ち上げてから、申請書を取り込む作業が
   必要でした。

3.申請書提出直前に、添付ファイルを添付したかどうかを確認
  できる。

  →以前は、電子署名をした後に添付ファイルを添付したかどうか
   確認するために、一度電子署名を外さなければなりませんでした。

4.申請書提出後、受領書の代わりになる「受付のお知らせ」が
  発行されるようになった。

  →これも便利です。申請書と受付番号が一体化されているため、
   受領書の代わりとしては、満足できる書類です。

5.申請用総合ソフトで、申請済みの申請書を管理できるようになった。
  
  →検索機能も追加され、とても使いやすいです。

6.特例方式で不動産登記を申請した後、添付書類を郵送する際に
  つける「書面により提出した添付情報の内訳表」を自動で印刷
  できるようになった。
  
  →以前は自分で作って印刷していたが、受付番号や法務局名等
    わざわざ手書きで記載しなくても、申請用総合ソフトから印刷
   できるようになりました。



以上、今日申請してみて気付いたことをざっと挙げてみただけでも
非常に便利になったことが分かります。

あとはシステムトラブルが起きないことを祈るのみです。









相続登記、不動産(土地、家、住宅、建物)の名義変更のスペシャリスト!
司法書士 長谷川純平 事務所(神奈川県藤沢市、横浜市)
詳細は相続登記相談室/不動産や土地の名義変更 をご覧ください。



親の借金・財産・遺産を相続したくない方必見。
詳細は相続放棄手続相談室|親の借金・遺産・財産放棄 をご覧ください。



愛する人を守り、幸せにする遺言の書き方とは・・・ずばりお教えします。
公正証書遺言作成のことならおまかせください。無料相談受付中!
詳細は公正証書遺言手続代行/遺言書の書き方 をご覧ください。
[PR]

by hase-juns | 2011-02-14 17:46 | 仕事  

<< 震災 撮影 >>