<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

死因贈与の効力2

ブログ更新が遅くなりすぎました。

前回書いた死因贈与の効力の話の続きです。

受贈者が贈与者よりも先に亡くなっていた場合、原則として、死因贈与の契約の効力は発生しなくなります。

例外は、死因贈与契約書に特別な記載がある場合です。

たとえば、「受贈者が贈与者よりも先に亡くなった場合は、受贈者にあげる予定だった財産は受贈者の息子にあげる」という記載がある場合です。


この記載がなければ、死因贈与の効力は発生しなくなります。

ですので、仮登記も相続人から抹消しなければなりません。


ひとことに死因贈与契約といってもたくさんの問題をはらんでいます。

契約締結前に専門家に相談されるようお勧めします。



相続登記、不動産(土地、家、住宅、建物)の名義変更のスペシャリスト!
司法書士 長谷川純平 事務所(神奈川県藤沢市、横浜市)
詳細は相続登記相談室/不動産や土地の名義変更 をご覧ください。



親の借金・財産・遺産を相続したくない方必見。
詳細は相続放棄手続相談室|親の借金・遺産・財産放棄 をご覧ください。



愛する人を守り、幸せにする遺言の書き方とは・・・ずばりお教えします。
公正証書遺言作成のことならおまかせください。無料相談受付中!
詳細は公正証書遺言手続代行/遺言書の書き方 をご覧ください。
[PR]

by hase-juns | 2014-04-08 18:00 | 仕事