人気ブログランキング |

相続登記書面申請

昨日の続きです。

つい最近まで、相続登記 は書面で申請しなければなりませんでした。

大まかな作業の流れは以下のとおりでした。


1.パソコンで申請書を作成しプリントアウトする。

2.申請書に添付書類をホッチキスで綴じる。

3.申請書に印鑑を押印していく。

4.収入印紙を買いに走る(法務局で申請の直前に買うこともよくありました。)

5.収入印紙を申請書に貼り付ける。

6.申請書を提出するた、不動産の所在地を管轄する法務局に行く。

7.法務局で相続登記 を申請する。

8.登記完了予定日に再び不動産 の所在地を管轄する法務局行く。

9.任務完了


ざっとこんな感じでしょうか。


1つの相続登記 を完了させるために、2回も法務局に行っておりました。おまけに収入印紙を買うために、現金を用意したり、収入印紙を買いに走らなければなりませんでした。

オンライン申請は、時間や費用の節約に大きく貢献してくれています。

しかし、すべてが以前の相続登記 書面申請よりも改善されたというわけではありません。


次回は、オンライン申請の危険性について書きたいと思います。




相続登記、不動産(土地、家、住宅、建物)の名義変更のスペシャリスト!
司法書士 長谷川純平 事務所(神奈川県藤沢市、横浜市)
詳細は相続登記相談室/不動産、土地の名義変更 をご覧ください。

by hase-juns | 2008-04-01 23:39 | 仕事  

<< オンライン登記申請の危険性 相続登記オンライン申請 >>