なぜ司法書士?

「なぜ司法書士になろうと思ったんですか?」とよく聞かれることがあります。

学生時代に法学部で法律を学んでいましたが、私が就職するころ(平成12年頃)は、日本は大不況で、民間に就職するよりは何か手に職を持ちたいと考えました。
   
そこで出会ったのが司法書士という資格でした。
   
司法書士は、争いを未然に防ぐために法律を活用できる資格です。いわば、調整役のようなイメージでした。
   
弁護士という選択肢もあったのですが、争いの中に飛び込んで意見を戦わせるより、争いを未然に防ぐ調整役のほうが性格的に合っていたので、司法書士は自分にぴったりの職業だと思い、この業界に飛び込みました。

実際にこの業界に入ってみると想像とはかなり違っていた部分もありますが、次回そのことをお話ししたいと思います。





相続登記、不動産(土地、家、住宅、建物)の名義変更のスペシャリスト!
司法書士 長谷川純平 事務所(神奈川県藤沢市、横浜市)
詳細は相続登記相談室/不動産、土地の名義変更 をご覧ください。
[PR]

by hase-juns | 2008-04-26 07:29 | 仕事  

<< 司法書士という職業 ゴルフ >>